10年先までキレイな髪を育てる金町の美容院Ofaオーファ

Ofa-beautysalon|カラーと縮毛矯正が人気の金町の美容室

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ヘアカラーblog ヘアケア

ヘアカラー、「かぶれ」と「アレルギー」のお話

投稿日:

ヘアカラーした、その時に…

お客様に、たま~にお聞きするのですが、「その場でかゆい」方と「帰って翌日以降にかゆい」方がいらっしゃいます。

この違いって何なんでしょう?っていうお話ですね。

同じカラー剤でも違う反応を示すので、何らかの違いがあるはずなんですね。今日はそんなところを掘り下げようと思います。

 

カラーの時のリスク、「アレルギー反応」

体の仕組みで「免疫反応」というものがあります。「こいつは体の中に入れちゃいけないやつだ!」と認識して、やっつけようとしてくれる機能のことですね。

体内に、反応を起こす原因物質(アレルゲン)が入ってしまったときに起こります。

 

この反応は正常な範囲内なら優秀な機能なんですが、原因となる物質が何回も入り込むと…やり過ぎなくらい反応を起こし始めてしまいます。過剰反応ってやつですね。これが「アレルギー反応」です。

代表的な症状ですと、花粉症やアナフィラキシーショックも同じ反応です。金属アレルギーもあります。

 

原因物質(アレルゲン)には地球上のたくさんのモノがなり得る可能性があり個人差もあります。

「コップに徐々に水が溜まっていき、あふれ始めたらアレルギーが出る」と、よく例えられると思いますが、今まで大丈夫だったものでも突然なる可能性がありますので注意が必要です。

 

美容院で代表的なモノだと、ヘアカラーやパーマ液、各種ヘアケア製品が当てはまります。薬品を多く取り扱う職業なので、従業員も注意しています。

成分が付きやすい頭皮・顔周りの生え際・首筋辺りに症状が出やすく、かゆみやブツブツ、腫れてきたりします。

 

これらの症状のパターンとして「一時性刺激のかぶれ」と「アレルギー反応のかぶれ」の2つがあります。

ヘアカラーにおいて特に起こりやすいこれらの違いをまとめてみます。

 

 

ヘアカラー、「一時刺激」と「アレルギー反応」の違い

刺激性接触皮膚炎(一次刺激皮膚炎)

身の回りにある生活環境物質が皮膚に接触して刺激を与えて、接触した部分に痒みが起こることを接触性皮膚炎と言います。

接触した部分が痒みを伴って赤くなったり、小さいブツブツなどができます。ひどい時は爛れてしまったりすることもありますが、この接触性皮膚炎、いわゆるかぶれには、一次刺激性接触皮膚炎とアレルギー性接触皮膚炎の2つがあります。そして一次刺激性接触皮膚炎は、接触物質が強い刺激を与えて起きる急性毒性皮膚炎と、弱い刺激でも繰り返して起きる慢性刺激性皮膚炎にさらに分けることができます。

一次刺激性皮膚炎は、アルカリ、洗剤、溶剤、粘着剤などの化学物質に接触することによって生じ皮膚炎です。原因物質に触れたら誰でも起こるのが一次性接触皮膚炎になります。

接触物質の刺激が強く、1回の接触で発症する急性毒性皮膚炎と物質の刺激は強くありませんが、何回も同一部位に接触を繰り返した結果、刺激性皮膚炎を発症する慢性型刺激性皮膚炎とに分類されます。

症状としては発赤、腫賑が顕著になります。また、丘疹や小水疱を形成しビランに至る場合もあり、掻痒時に激しい灼熱感を伴います。接触原が皮膚に接触した部位に限局し、接触原の除去により消退し得るのが特徴になります。

出典:かぶれ基礎知識.com

 

美容院的なケースでいうと、

  • パーマ液を付けたときに頭皮にも接触
  • カラー剤を混ぜると1剤(アルカリ)と2剤(過酸化水素)の反応によるブリーチ作用

 

が皮膚刺激になるので、それらが原因で一時的に赤くなったりヒリヒリしたりすることです。違和感を感じ始めたらすぐにしっかりとすすぐことで対処できます。

 

アレルギー性接触皮膚炎(遅延型アレルギー)

 

アレルギー性接触皮膚炎は名前の通り、何かに接触した際にアレルギーを起こしてできる湿疹になります。アレルギー性接触皮膚炎の症状を引き起こす原因になるものは、生活している上で至るところに存在します。ですが、アレルギー反応の出やすさや原因になる物質には個人差がとてもあります。

その中でも特に多い原因は、植物(ウルシ、ギンナンなど)、金属(ピアス、指輪など)、各種薬剤などが何度も接触し、結果的に反応することで生じる皮膚炎です。原因物質が繰り返し皮膚に触れているうちに炎症を起こし、アレルギー体質のある特定の人にだけ起こります。

症状は一時的刺激性皮膚炎と同様に、発赤、腫賑、丘疹、小水疱が主で、激しい掻痒感が伴います。初めは痒みとともに紅班が表れ、触れたものの毒性が弱い場合はこの程度で済みますが、強いと丘疹や大小の水疱が表れます。場合によっては、その部分に痛みや熱を生じることもあります。

やがて水疱が潰れて汁が出たり、化膿してのう胞を作ったりしますが、次第に乾燥して治っていきます。一番の対処法は、原因となるアレルギーに触れないということですが、原因となるものを特定することが難しいこともありますので、注意が必要です。

アレルギー性皮膚炎を起こす原因となるものがはっきりとわかっている場合は、市販されている医薬品を使用しても簡単に治療をすることができますが、購入の際は必ず薬剤師の指示に従うようにしましょう。

出典:かぶれ基礎知識.com

 

カラーやパーマ時のアレルギー反応は他のアレルゲンと同様で、すべての人に起こるわけではありません。特定の(カラーだとジアミンが多い。パーマはシステアミン等の還元剤)成分に反応します。

「刺激性接触皮膚炎」は触れた後すぐに症状が出ますが、「アレルギー性接触皮膚炎」は症状が出るまでに時間がかかることが多いです。

カラーをした後、数時間~半日以上経ってからかゆみを感じ始め、48時間後に最も悪化する恐れもあります。症状がひどくなると物質が触れた場所以外にも拡がることもありますので、すぐに医師の診断を受けましょう。先に挙げたアナフィラキシーショックのように、最悪の場合命を落とす危険性があります。

 

 

知り合いの美容師さんが、新しいカラー剤のテストをモデル検証で最終チェックしているときに、モデルさんが重めな「ジアミンアレルギー」を持っていて塗布後しばらくしたら気絶してしまった話も聞きました。よくすすいだら意識が回復したようですが…

アレルギー反応は甘く見てはいけませんね。

 

コップがいつ溢れるかは個人差がありますので(一生溢れない方もいます)、過剰に気にしすぎても疲れてしまいますが…「知っていて、もしものときは対処できる」ことが重要なので、キレイを楽しむ側面にもこういったことがあるということを片隅に覚えておいていただければと思います。

 

 

-ヘアカラーblog, ヘアケア

Copyright© Ofa-beautysalon|カラーと縮毛矯正が人気の金町の美容室 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.